VPNとは?利用するメリットとおすすめのVPNサービスを紹介

VPN

本記事ではVPNとは一体なんなのか、利用することでどういったメリットやデメリットがあるのかなどを分かりやすくまとめて紹介しています。

さらにVPNに興味を持った人向けに初心者におすすめのVPNサービスも紹介しているので、実際に使ってみたい人は購入する際の参考にしてください。

 

VPNとは?

▲画像は「MillenVPN」

そもそもVPNとはVirtual Private Network(バーチャル プライベート ネットワーク)の略。

インターネット上に仮想の専用線を設けて、安全な経路を確保した上で情報をやり取りすることができます。これにより盗み見や改ざん、情報の漏えいなどの脅威から大事な情報を保護することが可能になります。

ちょっと小難しい説明になってしまいましたが、ようは「通信が暗号化されて第三者から情報を守ることができる」といった感じです。

VPNを使う上で必要になるような知識ではないので必ずしも覚えておく必要はありませんが、全く理解していないのも心配なので「自分のプライバシーが守られる!」程度で覚えていくと良いかなと。

なぜVPNを使う必要があるのか?

プライバシーを守るため

VPNに接続することで通信内容が暗号化されるため、悪意のある第三者から情報を抜き取られないよう、盗聴を予防することができます。

テレワーク中の情報漏えいを防ぐため

最近ではテレワークやリモートワークが推奨されています。

ただ自宅やフリーWi-Fiなどから社内サーバーやシステムへアクセスしてしまうとセキュリティが脆く情報漏えいが起きてしまうことも…。

そこでVPNを利用することで通信内容が暗号化され、パソコンからはもちろん、モバイル端末からも安全にアクセスできるようになります。

離れた場所からでも安全な通信環境を利用できるため様々な働き方に対応できます。

国の検閲を回避するため

海外旅行中にインターネットを利用するとその国の政府によって広範な監視が行われます。

閲覧履歴やメッセージ、その他オンライン上での情報を監視したり保持したり…さらには他の国の政府機関と共有することさえできてしまいます。

そういった心配もVPNを利用して通信を暗号化することで防ぐことが可能になります。

海外のサービスを利用するため

日本からはアクセスできない海外のサービスもVPNを使って海外IPに変更することで楽しむことができます。

もちろん、海外から日本のサービスを楽しむこともできるので海外旅行が好きな人や海外出張が多い人にもVPNはおすすめすることができます。

VPNを使うメリットとデメリット

メリット

  • 通信内容を暗号化することができる
  • IPアドレスを変更して匿名性を高めることができる

VPNを使うことで行う通信の内容が金融機関レベルに暗号化されるので、かなり高い水準で情報を保護することができます。

またIPアドレスを任意の国に変更することもできるので匿名性が高くなるほか、日本からアクセスできない海外のサービスも楽しむことができるようになります。

デメリット

  • 危険性がゼロになるわけではない
  • 通信速度が遅くなることがある
  • スマホで利用する場合、バッテリーの消耗が少し早くなる

まず頭に入れておいてほしいのは危険性がゼロになるわけではないということ。VPNを利用することでセキュリティ面はかなり強化されますが100%保護できるとは限りません。

またVPNは一つのサーバーを経由することで情報を保護するのでその分通信速度も通常より遅くなることがあります。スマホで利用する場合はバッテリーの消耗も少し早くなる可能性があるので理解しておきましょう。

VPNを使うにはどうしたら良いの?

VPNサービスに契約するだけ

使うためにはVPNサービスに契約するだけでOKです。

契約というとなんだか難しそうなイメージになってしまいますが、ようは用意されているプランを購入するだけで誰でも簡単に利用することができます。

契約の手順は難しい?

ものすごく簡単です。

公式サイトから契約したいプランを選んで購入。その後にパソコンやスマホにアプリをインストールするだけですぐに利用することができます。

契約する際に特別な機械を購入したり、工事が必要になったりしないので敷居はものすごく低いです。

どんなサービスがあるの?

VPNサービス自体は様々なものがありますが、基本的な内容はどこも一緒です。

サービスを提供している企業やプランの価格などで決めて良いと思いますが、初心者は無難に定番のVPNを利用すると良いと思います。

初心者におすすめのVPNサービスを紹介

ここからはVPNを試してみたい初心者向けにおすすめのVPNサービスを紹介していきます。

選んでいるものは定番のものと日本の実績のある企業が提供しているVPNサービスなので誰でも安心して利用することができます。

自分に合ったVPNを選んでみてください。

ExpressVPN(エクスプレスVPN)

ExpressVPN」はこんな人におすすめ!

  • 有名かつ定番のVPNサービスが使いたい
  • 日本語に対応したVPNサービスが使いたい
  • 通信速度が速いVPNサービスが使いたい
  • ノーログポリシーのVPNサービスが使いたい
  • 30日間返金保証付き

初心者におすすめするVPNの1つ目は「ExpressVPN(エクスプレスVPN)」

VPNといえばこのサービスってくらい有名なVPNサービスです。通信速度に定評があり、公式では“世界最速通信”を謳っています。

普段使いできるほど快適な速度に256ビットの暗号化により安心安全な通信が可能です。通信量に制限がない上にほとんどのデバイスに対応しているのでスマホやゲーム端末でVPNを利用したい方におすすめです。

NordVPN(ノールVPN)

NordVPN」はこんな人におすすめ!

  • 有名かつ定番のVPNサービスが使いたい
  • 匿名性を重視したVPNサービスが使いたい
  • 価格の安いVPNサービスが使いたい
  • ノーログポリシーのVPNサービスが使いたい
  • 30日間返金保証付き

初心者におすすめするVPNの2つ目は「NordVPN(ノールVPN)」

匿名性に重きを置いた有名なVPNサービスです。他のサービス同様ノーログポリシーを掲げていますが、NordVPNの場合これが独立監査人(外部の専門家的な人たち)によって確認済みというところが最大の強みになっています。

どうせ使うんだったらとことんセキュリティを強化したい!と思う人に最もおすすめできるVPNサービスです。

MillenVPN(ミレンVPN)

MillenVPN」はこんな人におすすめ!

  • 日本企業が提供してるVPNサービスが使いたい
  • 新しいVPNサービスが使いたい
  • 日本語に対応したVPNサービスが使いたい
  • ノーログポリシーのVPNサービスが使いたい
  • 30日間返金保証付き

初心者におすすめするVPNの3つ目は「MillenVPN(ミレンVPN)」

今年に入って新しく登場した日本発のVPNサービスです。大手レンタルサーバー「Mixhost」などで知られるアズポケット株式会社が提供しています。

他2つに比べてまだまだ知名度は低いですが、しっかりとした実績がある日本企業が提供しているだけあって安心感が違います。海外サービスが不安な人に今最もおすすめできるVPNサービスです。

無料のVPNじゃダメなの?

結論からいうと無料VPNは本当にやめておいたほうが良い。

なぜVPNサービスが無料で使えると思いますか?

無料VPNは利用者の通信内容や利用状況を第三者に売ってお金を稼いでいることが多いからです。セキュリティを高めているどころか自分から情報を晒している状態になってしまうので大人しく有料サービスに頼りましょう。

これからはVPNを使って安全なインターネットを!

本記事ではVPNとはから初心者におすすめするVPNサービスの紹介までまとめてみました。

多少知識がある人なら街中にあるフリーWi-Fiから利用者の個人情報を抜き取ることくらい朝飯前です。外出中はもちろん、自宅でのネットサーフィンを安全に楽しむためにVPNを導入して通信の盗聴や不正アクセスを対策するようにしましょう。

定番のVPNは紹介したとおり有料のサービスになってしまいますが、それでも月額数千円くらいで契約することができるので比較的安価です。

費用を抑えながらプライバシーを守ることができるのでこの機会にVPN導入を検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました