【機能紹介】Filmora(フィモーラ)を使って動画編集を始めよう【PR】

ソフトウェア

YouTubeやインスタグラムで動画を閲覧することはあっても、自分で動画を作成したり編集したりした経験がない人もいるでしょう。

実際に動画編集するのはハードルが高そうだな、と考えてしまいがちですが、
操作性が優れていて手にしやすい動画編集ソフトも多く出回っています。

今回はそのうちの1つ、WondershareのFilmora(フィモーラ)をご紹介します。

Filmoraを使ってYouTubeに動画をアップロードしよう!

Filmora(フィモーラ)の数多くの機能を1つ1つ説明するよりも、
まずは簡単な動画編集をご覧いただきたいと思います。

ここでは、ある思い出の動画を印象深く演出してYouTubeにアップロードする、という想定で作業を進めていきます。どの編集も難しい操作はいっさい不要。

Filmoraの技術を使って簡単に編集する過程をぜひ確認してみてください!

ひいらぎ
ひいらぎ

用意するものは”動画1本”だけ!

01.新しいプロジェクトを作成する

Wondershare Filmoraを起動して「新しいプロジェクト」ボタンを押下します。

アスペクト比(動画のヨコ×タテの表示比率)はプロジェクトの編集中にも変更できます。特にこだわりがなければ「16:9(ワイドスクリーン)」で作成しましょう。

02.動画をインポートする

編集したい動画をインポートしましょう。以下の2通りの方法があります。

方法1)対象ファイルがあるフォルダをエクスプローラーで開き、Filmoraの「ここにメディアファイルをインポートする」エリアにファイルをドラッグする。

方法2)メニューバーの「ファイル」→「メディアをインポートする」→「メディアファイルをインポートする」を選択するとエクスプローラーが開くので、そこで対象のファイルを選択する。

03.インポートした動画を確認する

では、インポートした動画をダブルクリックしてみましょう。
プレビューエリアに動画が再生されました。

04.編集する動画をタイムラインに表示させる

編集したいファイルを「タイムライン」にドラッグします。あとで変更できるので、とりあえずタイムラインの先頭にドラッグしておきましょう。

タイムラインの先頭にあるアイコンが音符になっている行はオーディオ(各種の音楽)を設定する場合に使用します。今回は動画メディアですので、その1行上の行にドラッグしましょう。

05.パン&ズーム機能で動きを追加する

パン&ズーム機能は、静止画でも動きを表現することができるテクニックです。

まるでカメラで見ているような動きを表現できるので、
臨場感や躍動感を演出するときに適しています。

ここでは、少女の顔のアップを表示したあと、
徐々に背景全体を表示していく演出を追加してみましょう。

1.タイムラインの動画を選択して右クリックでポップメニューを表示し「クロップとズーム」を選択します。
2.「パン&ズーム」タブを選択します。
3.「開始」「終了」の枠が表示されていますので、「開始領域と終了領域を交換」ボタンを押下して開始・終了を反転させましょう。開始/終了は、パン&ズームが開始/終了するエリアを指定するために使います。
4.開始エリアが白く浮き出ました。少女の顔を囲むように開始領域のエリアを少し狭く設定しておきましょう。開始と終了の領域の大きさが違うほど、ズームした感じが表現されます。
5.ここまで編集した動画を「再生」ボタンで確認できます。再生した内容を確認しながら、微調整していきましょう。
6.調整が完了したら「OK」ボタンを押下して「クロップとズーム」画面を閉じます。

06.ここまでの編集を確認する

プレビューエリアの「再生」ボタンを押下して、ここまでの編集内容を確認してみましょう。

少女の顔のアップから始まることで、臨場感が増しましたね。

07.エレメントを追加して表現を豊かにする

メニューにある「エレメント」にはモーションエレメントが多数そろっています。

この効果を追加すれば、言葉や文字がなくても表情や状況の雰囲気を感覚的に伝えることができます。ここではろうそくを吹く瞬間などにエレメントを追加して少女のうれしそうな表情を強調してみます。

1.メニューの「エレメント」を選択して2つのエレメントを追加しました。エレメントを追加する前に「タイムラインに合わせてズームする」にしておくと、動画がコマ送りのような表示になるのでエレメントの挿入位置がわかりやすくて便利です。
2.エレメントを表示するタイミング・長さはプレビューで確認しながら調整します。長さを調整するには、エレメントを選択して枠部分にマウスを持っていくと「←||→」の矢印が表示されますので、その矢印をドラッグして調整しましょう。

08.ここまでの編集を確認する

プレビューエリアの「再生」ボタンを押下して、ここまでの編集内容を確認してみましょう。

エレメントを追加することで、キュートな感じが強調されましたね。

09.フレーム効果で背景を華やかにする

誕生日なので、さらにかわいらしさを追加してみましょう。
背景を明るいイメージにするのも1つの方法です。

1.フレームの効果を出す方法はいろいろありますが、ここではメニューの「タイトル」からハートの枠を選択してみました。
2.さきほどと同様にタイムラインにドラッグして、表示するタイミング・長さを調整します。今回選んだタイトルはフレームのように使いたいので、動画再生時間のすべてに適用します。
3.表示する文字や位置もプレビュー画面で確認しながら調整しましょう。

10.ここまでの編集を確認する

再度、プレビューエリアの「再生」ボタンを押下して、ここまでの編集内容を確認してみましょう。
まめにプレビューで確認しながら作業を進めると微調整がしやすいです。

フレーム効果で華やかさが増しましたね。

11.タイトルを入れて作品として仕上げる

オープニングにタイトルが表示されると、作品として高級感が増したり、見る人の期待度を上げたりする効果があります。

DVDに思い出として残したり、YouTubeで公開したり…さまざまなシーンで利用される動画にステキなタイトルをつけてみましょう。

1.メニューの「タイトル」を選択してタイトルを追加します。今回のタイトルはメインの動画の先頭に表示したいので、タイムラインの先頭にドラッグします。このとき「自動リップルをオンにする」状態にしておきましょう。タイトルを挿入したときに、ここまで編集してきたタイムラインの内容がひとかたまりで後方に移動するので便利です。
2.さきほどと同様にタイトルをダブルクリックして表示する文字を変更しましょう。
3.プレビューを確認しながら、タイトルの表示時間も調整します。

12.これで編集が完了しました。動画を確認してみましょう

編集前/後で比較してみました。

●編集前

●編集後

いかがでしょうか。Filmoraに標準搭載されている効果を少し追加しただけですが、印象的でかわいらしい誕生日の動画に仕上がったのではないでしょうか。

手間のかかるカスタマイズや操作がなく、動画がグレードアップした印象です。

13.完成した動画をYouTubeにアップロードする

メニューバーの「出力」→「YouTubeにアップロード…」から動画をアップロードしてみんなとシェアしてみましょう!

ここまでは、

  • ズームイン・アウト機能で被写体を強調
  • 表情に合わせたエモーションを追加
  • フレームを追加してイベント感を演出
  • タイトルを付けて思い出として残せる作品に

という内容で動画を編集してきましたが、Filmoraにはまだまだ多くの機能があります。

あまりに多くの機能がありすぎて、何から始めればいいのかわからない。そういう人にこそ使ってほしい、簡単操作でプロのような仕上がりになる編集技術をシーン別にいくつか紹介していきます。

こんなシーンで使いたい!機能紹介

おもしろい動画やドラマチックな動画の演出をしたいなら【キーフレーム】

動画の途中に開始・終了ポイントを指定して、その間に回転・スケール・不透明度などの効果を加えることができる機能です。Filmoraに標準搭載されているエレメントなどに効果を加えてから動画に反映することもできるので、工夫しだいで自分らしい演出が可能です。

動画編集をするなら、ぜひマスターしておきたい機能ですね。

複数人でも可能!ターゲットを追跡したいなら【モーショントラッキング】

動画のターゲットに静止画や図形・エレメントなどを乗せ、トラッキング=追跡しながら表示することができる機能です。複数のターゲットに対応しているので、多くの人が集まっているシーンにピッタリ。

フェイスオフ(モザイク)はもちろん、エモーションで顔を隠すこともできます。

講義やセミナー・実況中継に使いたいなら【PIP (ピクチャーインピクチャー)】

講師の顔が見える状態でセミナーを受けたい、風景と一緒に実況している姿を映したい。そんなときに便利なのがPIPというテクニックです。

安心感や臨場感がほしいときに効果的です。

オンライン会議やラジオ番組の風景をイメージしたいなら【分割表示 (画面分割)】

2分割以上の画面分割表示ができるので、複数人で会話するシチュエーションを再現するのにピッタリの効果です。

ゲームなどの画面動作を録画して配信したいなら【画面録画】

ウェブカメラから録画/PC画面録画などの機能を搭載。録画したものをそのまま動画編集できる醍醐味があります。

クロマキーよりも手軽に背景を透過できる!【AIポートレートアドオン】

最後に、Filmora Xの新機能から1つご紹介しておきたいと思います。

一般的に背景を入れ替えるときにはグリーンスクリーン(クロマキー機能)を使いますが、AIポートレートアドオンを使えばもっと簡単に背景を入れ替えて臨場感や躍動感を演出することができます。

いかがでしょうか。工夫次第で応用できるシーンはまだまだありそうですね。

Filmoraを使ってみて ~感想~

初心者でも直感的に動画編集できるFilmoraは、操作性が簡略化されているのはもちろん、ショートカットキーをカスタマイズできるなど動画編集する時間をさらに短縮させる工夫が盛り込まれています。

映画やTV番組など、特殊な編集を必要としていなければ十分すぎる機能が搭載されているのではないでしょうか。ご紹介した以外にも多くの機能がありますので、ぜひ一度試してみてください。

無料体験版でも使用期限は無期限。じっくり検討できるのもありがたいところです。

公式 Wondershare Filmora(フィモーラ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました